ハイキュー 第195話 陸VS空 感想 ネタバレ注意 最新話 週刊少年ジャンプ


ハイキュー第195話 陸VS空 感想 ネタバレ注意です。
以下、未読の方はご注意ください。

 

 

Sponsored Link

 

「木兎さん! Tシャツ チョーかっけーっスね!!!」

 

日向が木兎の背中を見て目をキラキラさせる。

 

「!! ヘイヘイ 見る目があるな 日向!!」

 

・・と、木兎はうれしそう。

「今年の春高で買ったんだよ こんなカッケーのに 全然売れてねえの! 皆にも薦めたのに!」

 

「おれも欲しいっ・・・!」

 

「春高行って買えばいい」

 

盛り上がる二人を冷めた目で見ている赤葦とツッキー・・

 

 

***

 

 

「俺いつもクロスってどう打ってたっけ・・・?」

 

「!!!」

 

 

バッと赤葦が監督を見る。

すかさず監督がタイムアウトを取る。

 

梟谷学園第2セット 2回目のタイムアウト。

 

 

観客たちもざわめく。

 

 

「梟谷のエース 不調?」

 

「クロスの打ち方どうだっけ? って聞こえた」

 

「え ふざけてんの」

 

 

 

(残念ながら 大マジメだ!!)

 

赤葦が唇をかむ・・

 

 

「序盤けっこうイイ感じの打ってただろうよ!」

「今日ストレートがすっげえイイ感じだから ストレートばっか打ってたらなんかクセついちゃって・・・」

 

ぶんぶん腕を振る木兎・・

 

 

(コイツ・・・!!)

 

うなだれる梟谷メンバー・・

 

 

「気持ちはわかるよ いつも何も考えないでできてた事 突然わかんなくなて 考えるともっとわかんなくなるやつ」

 

猿杙がフォローのようなものを入れるが・・

 

うつむく赤葦・・

 

(おちつけ これはまだ不調じゃない ちょっとした一本で立て直せる サーブは・・・弧爪のターン 今のローテはー)

 

そこまで考えをめぐらせ、頭をあげる赤葦。

 

「-では 何も考えずにクロス打ってください ただ 気持ち良く 

 道は作りますので」

 

「赤葦かっけえな オイ!!」

 

・・と木兎が言ったと同時にタイムアウト終了の笛が鳴る。

 

 

研磨のサーブ。

 

前に落としてきたボールを木葉が取る。

 

(弧爪は きっと木兎さんの居るレフト前方を狙ってきます あとできればサーブレシーブはいつもよりネット際

にお願いします)

 

赤葦の言葉を思い出しながらレシーブ。

 

ボールは赤葦へ。

 

グッと踏み込む赤葦。

 

 

(ツーアタック!!)

 

それに対応しようとリエーフのブロックが立ちはだかる!

 

(さすが 反応速いっ)

 

ツーと見せかけた赤葦はトス。

 

(灰羽・・・ 経験不足をセンスと身体能力で補ってくるハマったら恐いタイプ 

 でも黒尾さんと比べれば欺きやすい

 次のローテで灰羽は後衛 メンドくさい黒尾さんが前衛に上がって来る 

 木兎さんならちゃんと頭を空っぽにできる ブロックを欺き木兎さんを確実にノせるには 

 今 このローテが最善)

 

 

「ブロック1枚!!」

 

赤葦のトスは木兎へ。

 

(視界 良好!!)

 

強烈な木兎のスパイクは夜久のレシーブをはじき、観客席へ。

 

 

ガッツポーズの赤葦。

 

「くっそ 強烈・・・!」

 

「切り替えましょ!」

 

夜久と山本が手をたたき、鼓舞し合う。

 

 

「・・・オッケーですか?」

 

うつむく木兎に問う赤葦。

 

 

シャキンと顔を上げる木兎。

 

 

「オッケーですね」

 

 

 

「気合い入れ直せ! 来るぞ!!」

 

黒尾のゲキが飛ぶ。

 

 

ひたすら続く音駒と梟谷の攻防。

 

 

(上等!! 何回でもブチ込む!!)

 

 

(来い!!何回でも拾う!!)

 

 

木兎に上がったボール。

 

超インナースパイクが決まる。

 

 

「うおおお!? 超インナー!!! アタックラインより前だったぞ!!」

 

湧き上がる観客席。

 

 

「・・・あんなんのズルイよ・・・ カッコ良すぎじゃん・・・」

あかねが恨めしそうに、うらやましそうにつぶやいた。

 

 

音駒23-24梟谷

 

「梟谷 ブレイク!! あと1点だ!!」

 

梟谷学園 マッチポイント

 

エースの心得にのっとって、木兎が躍動する。

 

背中で味方を鼓舞し、どんな壁でも打ち砕き、全てのボールを打ち切るーーーー

 

木兎がスパイクを決め、試合終了。

 

 

「カッコ良し男かよ くそが」

 

黒尾が悔しそうに言った。

 

セットカウント2-0

 

勝者 梟谷学園。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

決まって・・決まってしまいました~~!!

まさか、こんなに早く決まるとは!

フルセットいくと思っていました・・

 

そして、まさかまさかの音駒の敗北。

 

ゴミ捨て場の決戦ならず・・

 

赤葦さんの木兎への配慮がすごすぎます。

立て直し方も・・

 

赤葦さんあっての木兎・・

そんな気がしました!!

 

ノってしまった木兎は音駒でも止められないのですね・・

 

日向たちが結果を知ったら残念がるだろうなぁ。

 

 

 

 


No tags for this post.