ハイキュー 第196話 背水の陣 感想 ネタバレ注意 最新話 週刊少年ジャンプ


ハイキュー第196話 背水の陣 感想 ネタバレ注意です。
以下、未読の方はご注意ください。

 

 

Sponsored Link

 

 

梟谷学園が全国大会出場決定した。

 

悔しがる音駒。

 

「くっっそ!!」

 

「梟谷にストレート負けは久々だな・・・」

 

「本番に強ぇーな クソ」

 

猫又監督もつぶやく。

「今回は赤葦の‘‘木兎立て直し‘‘の手腕に拍手だな」

 

「もう後が無えな」

「春高の残りは1枠ー」

 

 

「・・・ねえ アレなんとかして」

研磨に言われ、黒尾が視線をやった先には・・

 

落ち込んでいるリエーフ。

 

「さっきの試合 大してイイトコ無しだったからな」

 

「-俺・・・ 俺はもっとバシバシ点取って ブロック決めて 観客席からワーキャー言われる男なんですっ!」

 

・・と拳を叩きつけるリエーフ。

 

「お前のそういう真っ直ぐ馬鹿っぽい感じ嫌いじゃないよ」

黒尾は続ける。

 

「確かにブロックとかドッカンドッカン決めたら気持ちイイし ヒーローだよな」

 

「リエーフはまず空回りをなんとかして」

黒尾の背後から怖い顔をして研磨が言う。

 

「音駒はチームワークのチームだから 輪を乱しちゃ駄目だってわかってるんですけど・・・!」

 

「お前ちゃんとそんな事考えてたのか!」

 

意外なリエーフの返答に黒尾は驚く。

 

「-まぁ大事だな チームって複雑だからな 人が複数居てちゃんと力を合わせるって結構難しい

 別に出る杙打つべし!」って言うんじゃねえの なんつーのかな んー・・・  

 チームワークがハマる瞬間てのは 多分お前が思ってるより ずっときもちいいぞ」

 

「・・?」

黒尾の言葉にきょとんとする研磨。

 

 

研磨は日向からのメールを見てあの言葉を思い出す。

 

「負けたら即ゲームオーバーの試合 -やろう ‘‘もう一回‘‘が無い試合」

 

 

女子チームの試合が終わり、再びコートへ舞い戻る音駒。

 

(これが 全国行き 最後のチャンス)

芝山がぐっと息をのむ。

 

 

3位決定戦 

音駒高校 対 戸美学園

 

「まぁ こうなるわな」

主将同志の握手で戸美学園の主将がつぶやく。

 

「ハァ~? 俺らは決勝行く気満々でしたァー 

 -つって 実際負けてるんで黙りますね」

 

黒尾の意を決した表情ーー

 

 

戸美学園はレフト、沼がケガをしたもよう。

潜(くぐり)に大水監督が力強く言う。

 

「潜 見てたと思うがさっきの試合で沼が右親指の脱臼だ 代わりに音駒の先発はお前に任せるっ・・・!」

 

「あ はい」

 

「頼むぞ・・・!」

 

「はぁ まぁ はい」

 

「おぉい 起きてんのか 潜ィ!!」

 

「ハイ 起きてます」

 

「髪型は気合い入っててイイぞ!!」

「寝ぐせがとれませんでした」

 

「潜に熱血求めても無駄だっつーの」

大将があきれて見ていた・・。

 

 

「要注意は やっぱ大将だな あいつホンッットヤラシイから注意しろよ

 フェイントは常にあると思っとけ あとブロックアウトも上手えからフォローな」

・・と、黒尾。

 

対する戸美学園も・・

 

「相手はしつこいネコチャンだ でもしつこさで負ける気がしねえよな

 粘り勝ァつ!!!」

 

 

いよいよ始まる後がない試合。

 

これまでのミスを頭に再生し、フーと大きな息を吐くリエーフ。

 

「お前は5点ミスったって10点獲ってくれりゃあいいんだよ!」

 

「!夜久さん!」

 

「あとは相手に獲られなきゃいいハナシだ」

 

夜久の背中が大きく見える。

 

その言葉にリエーフもニッ・・と口角が上がる。

 

 

(僕もいつか 夜久さんみたいになるぞ!)

芝山も思う。

 

 

「何なんだ・・・ リベロは男前じゃなきゃやれないポジションなのか・・・?」

よろめく山本。

 

 

***

 

「ん ローリングサンダー・・・ W!!」

西谷がさらにローリングサンダーを進化させつつある。

 

「Wかっけえええ!!」

日向が叫ぶ。

 

「2回回った・・・?」

これまでの違いに気づく山口。

 

「何で2回回ったんですか?」

影山も不思議そうに言う。

 

「ちょ!危な!」

 

・・と、月島が言うか言わないか・・

 

「田中が西谷に轢かれたー!!」

 

巻き添えをくらう田中。

 

「西谷ァ!! 田中ァ!!」

大地の怒声が飛ぶ。

 

 

「東京は今正に代表決定戦中か」

旭が大地に声をかける。

 

「-そうだな」

 

 

戸美学園対音駒高校

試合開始!

 

 

—————————————————————————————————-

春高へ行ける枠は第1代表、第2代表、開催地代表とあるのですね!!

もう、ゴミ捨て場の決戦はないのか・・と落胆していたので、とてもうれしくなりました!!

 

赤葦さんの手腕に猫又監督が感心していたのが、心に残りました。

他チームの選手でも暖かい目で見る猫又監督がいいなぁ・・!

 

それにしても、今回の夜久さんのカッコよさったら・・・

背中がすごく頼もしく、素敵でした!

 

ノヤっさんの新技??も披露されて、リベロの活躍に期待!です。

 

戸美学園のメンバーはやっぱり表情が蛇っぽい(笑)

潜くんがどのような選手なのか、意味深でしたね!

 

音駒、崖っぷちですが、頑張ってほしいです!!

 

 

 

Sponsored Link


No tags for this post.