ハイキュー!! ショーセツバン!!6 シマ―・ツッキー 感想ネタバレ注意 パート1~3 Shimmer Tsukky


 

ハイキュー!!ショーセツバン!!6 疾れ!ルーキーズ!!

Shimmer Tsukkyの感想です。

未読の方、内容を知りたくない方は以下ご注意ください。

 

Sponsored Link

 

PART1 魔法魔術学校

 

始めから魔法の世界に引き込まれます・・

一羽のフクロウが手紙をくわえてきて、郵便受けに入れようとするのですが・・

 

「なに この不法侵入鳥、 保健所に連絡しようか?」

もう、ここで吹いてしまいました・・!!!

丸眼鏡をかけた背の高い少年・・

眼鏡はいつものメガネじゃないんだね・・縁下監督・・(笑)

絶対、丸眼鏡かけるのツッキーが嫌がってそうです。

いつものじゃダメなんですか?って言ってそう。

でも、縁下もそこはこだわって折れなさそう・・。

 

そして、手紙の封も開けずにゴミ箱へ捨てる所もツッキーらしい。ツッキーすぎる・・。

 

自分の部屋にあがって、そこにいたのは大きな巨体・・←アオネ

 

ドア開けて、いきなり青根がいたら怖い!!怖すぎる!!

 

さっさと警察に連絡するツッキーもさすが。

手紙はバリボール魔法魔術学校からの入学許可証だったわけですが、興味なさげなツッキー。

もう・・パート1から笑わされてばっかりなんですけど・・

 

全く興味がなく、淡々と警察に連絡するツッキーでしたが、アオネのあるキーワードで入学する気になります。

 

それは・・

「ドラゴン」

 

れっつ!ハイキュー!でも恐竜好きがネタになっていましたが、ここでも恐竜?関連!!

面白すぎる!!

 

ツッキーの可愛い所だなぁと思います。

少年の心を持ってるなぁ。。

 

PART2 「8と1/9番線」

カラスノ駅のホームに来たツッキー。

乗車券に書かれた意味不明の「8と1/9番線」にいらつくツッキー(笑)

そこで、声をかけてきたのがタダシ。

(もちろん、山口。ツッキーと言えば山口だもんね・・)

 

駅構内を10周すると入口が開くと聞き、行く気が失せるツッキー。

現代っ子だな。。ツッキー。

 

そんなツッキーをやる気にさせたのが、「ドラゴン」というワード。

どれだけドラゴン好きなんだ!!

 

そして、汗だくで倒れているヒトカを抱えて汽車に乗るツッキー。

 

優しい!!

 

「シマー・ツッキー」の名に驚くタダシとヒトカ。

 

PART3 「脱法ドラゴン」

 

どうやら無事にバリボール魔法魔術学校に入学できたもよう。

タダシがドラゴンを見た!という。

ヒトカも興味津々。

 

学園敷地内にあるアオネの小屋にドラゴンがいるらしい。

しかし、ドラゴンの飼育は違法。

夜遅くにドラゴンを見に行くことに。

 

「そんな非科学的な生き物がいるなんて信じられないから、この目で確かめないと」

早口で言う所がツッキーらしいです!!

実は興味あるくせに!!(笑)

分かりやすいと言えば分かりやすいなぁ。。

 

アオネの小屋へ行くが、ドラゴンはいなくなったとのこと。

アオネがウオウオ泣いているのが面白い!

 

ドラゴンを探すことに・・

 

ツッキーが珍しくやる気。

本編でもなかなか強気でやる気のツッキーは見れないから新鮮!!

 

 

 

Sponsored Link


No tags for this post.